2009/06/14

八景島のあじさい その2 (額)

その2です。

手毬も良いけど、クローズアップで撮るには断然額が面白い。

額の部分や手毬にある大きな「花」は萼(ガク)が変化した装飾花で、本物の花は中心の軸のようなものだそうです。
額あじさいはこの本物の花が中心に密集していますが、開花前のつぼみは、円らで色とりどりで、まるで金平糖のよう。
開花すると、花弁より大きなおしべが王冠のように広がって何ともかわいらしい。





ここからは、18-270の270mmテレ端にクローズアップレンズx3を装着して撮影。
極端に被写界深度が浅く、AFもちゃんとは連動しないので、風のある屋外での撮影においてピントが合うかどうかは完全に運です。(^^;