2008/10/17

日本の治安も捨てたもんじゃない

「日本人は水と安全はタダだと思っている」などと、あたかもその認識が悪であるかのような発言も耳にするようになって久しいですが、日本の治安もまだまだ捨てたもんじゃない。

どうやらローズマリーの鉢植えをGet!で立ち寄った伊豆・村の駅さんで、社員証兼入退室キー兼クレジットカード、定期券、免許証が入ったパスケースを落としていたみたいです。
黄昏時の薄暗い中でローズマリーの鉢を夢中で物色するあまり、落としたのだと思います。

しかし、取得した店員さんのご好意により、クレジットカード会社経由で連絡が届き、事なきを得ました。

ありがたや、ありがたや、


うれしかったので、伊豆・村の駅をちょっと紹介。
詳しくはWebサイトを見てください。

一般的には道の駅と呼ばれる地元特産品や農作物を中心に特産品を扱うドライブインです。
かみさんはいたく気に入った様子で、夏の伊豆旅行の帰りに立ち寄って以来の2度目の訪問です。
「こういうお店が家の近くに有ればいいのになぁ」、だそうです。

道の駅というと、ありがちな若い人向けのお土産店的なタイプと、現地の特産品にこだわって、地元の農家と直接契約して新鮮な野菜などを売るタイプに分かれるのではないかと思いますが、伊豆・村の駅は後者。
野菜のほかにも、減農薬の玄米とか、無農薬無添加のわさび漬けとか、地元産巨大生シイタケとか、いろいろあります。
田舎者(褒め言葉)のかみさんにはこの辺りが受けたんじゃないでしょうか。

今後もあちら方面に行くたびに、(実質的な近さには関係なく)近いから立ち寄れと言われそうです。