2011/07/20

マイホーム日記:工事用の鍵紛失2:発見、発覚、八百?

紛失した工事用の鍵はその翌日朝までに2本とも見つかりました(言っていることが本当であれば)。

これで本番キーをアクティベートする必要も、シリンダーを交換する必要もなくなります。

なんでも、ひとつはハウスクリーニングよりもさらに1日前のカーテン現場打ち合わせの際にカーテン屋が持って帰っていたとか。
そして、もうひとつは現場の鍵穴に刺さったままだったとか。

現場の鍵穴ですか、そいつは灯台下暗しでした。
最初に鍵が開けっ放しであることに気付いた時には、それなりに周りを探したつもりだっけど、見逃していたんですね、鍵穴、もとい節穴です。

紛失発覚の翌日夕方に現場を確認しに行くと、外構屋が片付けをしていました。

「一つは鍵穴に刺さっていたそうですね、自分も気付かないとは...」
と外構屋に訊いたところ、
「刺さっていたんですか? 監督が持ってきたものじゃないんですか?」
と逆に訊かれてしまいました。

噛み合いませんね。

何故かその後も現場には、当初2つ有った鍵は1個しかありません、何処に行ったのでしょう。

考えて見れば、発覚当日は無くしたはずの鍵が鍵穴に刺さったまま、それに気付くこともなく、監督が持ってきた第3の鍵で施錠したんですね、神業です。


7/2019、カーテン屋に話を聴く機会がありました。
たしかに1本はもって帰っていたそうです。

また、同じく7/2019に監督に話を聴く機会がありました。
今度の見解では、鍵は刺さっていたそうです。
ここで疑問に思ったのですが、現場の鍵穴は塞がっていたにもかかわらず、どうして第3の鍵で施錠できたのでしょうか。
中略
もし一本でも発見出来ていない鍵があるのであれば、正直に言って頂き、...
と言ったから取り繕ったわけではないですよね。
あれっ、今度はもう一本は事務所から持ってきたってのがうs...(ry

もう、やめます。


もう一つ不思議なことは、当日私が現場に到着した時点で監督は、
「鍵ボックスのプッシュ錠は番号を変えておきました。」
斜め上の対処をアピールしていました。
なのに、その翌日以降も、以前に盗み聞きしていた番号で鍵を取り出せました。
ということは、番号を変更した結果、たまたま同じ番号になってしまったんですね、わかります
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ←よいこのみんなはうそをついてはいけません