2008/08/06

アイビーの挿し木をセラミスで挑戦!に変更

ヘデラご臨終。さぁ、次ぎ行きますよーでリベンジ中のアイビーの挿し木を一昨日セラミスに植えました。今回は、水差しのまま発根を待つことなく、2日間(長い!)メネデール溶液で水揚げ後、セラミスに植えつけました。

そうしようと思った理由は、フィカス・プミラを水差し→ハイドロ化で水差し発根後にセラミスに植えたプミラの活着が意外と遅いことです。
水差しで数日で根を出したくせに、セラミス植え付け後2週間ほど新芽に動きがない。
ということは、新たにセラミス向けの根が出るまで止まっていたってこと?って思ったわけです。
2回も発根する体力を使うんだったら、直接セラミスに植えてやろうと...

おかげさまで、その後プミラの新芽が動き出したようなので、↑の考察が正しいかどうかは?ですが、まぁ、いろいろ実験ということで。

プミラくんは明日レポートします。