2008/07/28

アイビーの水差し→ハイドロコーン→セラミス

今日はこの子、アイビー(ヘデラ)の話。
この子も剪定の際にゴミ箱行きだったものを水差し→ハイドロ化したものです。

もともとは、フィカス・プミラを水差し→ハイドロ化でプミラの刺し穂を発根させる際に用いた一輪挿しに差さっていましたが、ある日突然、もうもうと髭根を伸ばし始めて、窮屈そうだったのでハイドロ化しました。

当時はハイドロコーン中粒しか持っていなかったのでとりあえずそれを使ってみましたが、細くて硬い髭根の間にハイドロコーンが入り込むような感じでは到底ありませんでした。
まあ、アイビーは強いと聞くから気にしない、って思っていたんだけど1ヶ月近くたって、気候も良くなっているのに背が伸びない。
それどころか、先端の若葉がしんなりしている感じ。
やっぱり、この根に密着感のないハイドロボール中粒が問題なんだろうかと思い、急遽セラミスで植え替えを決意。

株が弱っているところで植え替えなんて、無謀かもしれませんが、緊急手術ということで多少荒っぽくとも...
まぁ、同じ遺伝子はかみさんの鉢の中で元気はつらつなので、ダメになったらまたもらえばよいか。

ハイドロコーンを掻き出しつつ、株を取り出してみると、案の定根玉なんてものはなく(って1ヶ月じゃ無理だろ)、簡単にすべてのハイドロコーンが払い落とせました。

幸いなことに、根っこはほとんど痛んでいない感じ。
先端の傷みかけのところを少しだけ切り詰めてセラミスに移行です。

これが植えた直後。
この後二日間はしんなり元気がありませんが、さて、この後どうなることやら。